ブラックリストに載ったまま? 債務整理後にクレジットカードが作れなくなるNG行動まとめ

債務整理はカードにどう影響する?

カードは解約になる

債務整理を始めた段階で今持っているカードは解約され使えなくなります

整理を始めるとき現在支払いが困難であることをカード会社に通達する必要があり、この時点でカードの利用が止められてしまうわけです。

しかし債務整理を始める人はほとんどが支払いを滞納していてすでにカードが使えなくなっています。だからカード会社に通達がいくことで困ってしまう人はほとんどいないはずです。

もし返済できる見込みが全くないなら、カードが解約されることを恐れて新たにどこかから借金をするよりも早めに債務整理を始めたほうが自体の悪化を防げます

ブラックリストに載ることになる

債務整理をするとブラックリストに載ることになります。ただ本当にブラックリストという黒い本があるのではなく、信用情報機関という機関がが債務整理をした人を登録することでブラックリストの役割を果たしています。

信用情報機関はカード会社と情報共有しており、カード会社が間違って返済のできない人にカードを作って損してしまうのを防いでいます。
ブラックリストに載ると次のことができなくなります。

できなくなること

カードを新たに作る

カーローンを組む

消費者金融からお金を借りる

数年まてば新しいカードが作れる

ブラックリストに名前が一生残ることはありません。一定期間をすぎると情報は抹消されます。

ブラックリストから消えたタイミングで元のようにカードを持てるようになります。

ETCカードは停止されない

ETCカードは普通のカードとは違い利用が停止されません。なぜならカードが止まってしまい、高速道路のゲートが開かないと事故の原因になるからです。

事故を防止するためにカードの利用が制限されていませんが、だからと言って使い続けてはいけません

払えないとわかっておきながらカードを使い続けると債務整理の時に不利になってしまいます。

クレジットカードは任意整理できる

任意整理はカード会社と直接交渉することで月々の返済額を減らしてもらったり、返済の方法を変えてもらったりすることを言います。

任意整理で月々の返済が楽になる

任意整理で月々の返済額が減ることがあります。任意整理は債務整理の中でもっとも多くの人が利用する手段です。裁判所を介さずに直接会社と交渉するのが任意整理の最大の特徴です。

もちろん自分の力だけで交渉することもできますが、会社と個人であると立場が弱くなってしまうため多くの人は弁護士などの専門家に依頼して任意整理を行なっています。

任意整理のメリット3選

任意整理のメリットその①
特定の会社とだけ交渉できる
自分が負担を減らしたい相手だけを選んで交渉ができます。

自己破産であれば一旦全ての債権者(カード会社など)と話し会う必要があり、財産も手放す必要があります

特にカードに関する任意整理では財産を失う心配はいりません

任意整理のメリットその②
過払金がある可能性がある。
10年以上前にカードでキャッシングを利用している場合であれば過払金が発生している可能性があります

以前はグレーゾーン金利という利息を制限する法律より高い利率でお金が貸し出されていました。このグレーゾーン金利で支払われた利息は無効であるため過払金として返還を求めることができます。

ただし過去10年以内のキャッシングであれば過払金はほとんどありません。しかし任意整理することで月々の返済額は減らせる可能性があるので借金の負担が小さくなるというメリットに変わりはありません

任意整理のメリットその③
知人や勤務先にバレる心配がない
任意整理したことは知人や勤め先にバレることはまずありません。信用情報機関はブラックリストを作っていますが、見ることができるのはカード会社といったごく限られた一部の人だけで、一般の人が目にすることはないでしょう。

誰にも知られたくない人にとっては大きなメリットと言えます。ただし滞納額があまりに巨額だと給与の差し押さえのために勤務先にカード会社が問い合わせることがあります。

しかし突然会社に問い合わせるようなことはなく、きちんとなんども会社から督促があり差し押さえについても警告があった上で行われます。カード会社からの問い合わせを何度も無視していない以上は勤務先にバレることはありません

不安があったり、すでに何度も督促を無視している人は早めに専門家に相談しておきましょう。

注意すべき2つのこと

注意すべきことその①
キャッシングやリボ払いを利用していた人は品物が没収されることがある
キャッシングやリボ払いで大きな買い物をした人は任意整理をすると買ったものが会社に没収される可能性があります

なぜなら高額なキャッシングやリボ払いの場合ほとんどが「所有権留保」の状態で品物を受け取っているからです。例えば車をかーどっで買った場合、支払いが完了するまで車の所有権はカード会社にあります。これを所有権留保と言います。

会社はお金が返ってこなくても損しないように品物の所有権を払い終わるまでキープしているわけです。

博士

所有権留保の場合差し押さえを阻止することは難しいです。
注意すべきことその②
他のカードも使えなくなる
カードを複数持っていてある特定の会社とだけ任意整理の交渉をしたとしても他のカードももれなく利用停止・解約になります。

ブラックリストは共有されているのでいずれ他のカード会社も任意整理をした事実を知ることになります。すぐに停止されなくてもカードの更新の時点でほとんど判明してしまいます。

もちろん数年間経てばまたカードが持てるようになります

カードを新たに申請するときの3大NG行動

その① 申請を債務整理後すぐに行う

債務整理をした後すぐにカードを申請しても審査に通ることはありません。なぜならまだ信用情報機関のブラックリストに債務整理したことが登録されているからです。きちんと情報が抹消されるまでの数年間は待ってから新たにカードを申し込みましょう。

ちなみに信用情報機関は本人が問い合わせると、自分がどのように登録されているか知ることができます。1000円程度お金がかかりますが確実にカードの審査をクリアしたいなら事前に調べておいた方が無難です。

その② たくさんの会社に申請する

一度にたくさんの会社に申請するのもNGです。実は信用情報機関は申請を行ったことも記録し共有しています。

もしカード会社がその人が複数のところに一度に申し込んでいる事実を知ったら、きちんと支払ってくれるのか信用できないとみなしてしまいます。会社を厳選してから申請した方が確実に通ります。

ちなみに一般的なカード会社よりも消費者金融系のカードの方が審査の基準がゆるいと言われています。消費者金融系を狙ってみるのも作戦の1つです。

その③ 以前利用していたカード会社に申請する

ブラックリストからは記録が消えていても以前に債務整理で解約になったところは審査に通らないと考えていいでしょう。なぜならカード会社は損をしないように独自でブラックリストを作っているからです。

そしてこの独自のブラックリストに期限はないと言われています。きちんと他のカードやローンの支払いをし続ければ、信用が回復してもう一度カードが作れることはあるかもしれませんが、債務整理後すぐに同じ会社に申し込んでも通らないのは確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です