任意整理はデメリットだらけ?方法から費用まで徹底解説

任意整理とは

任意整理の流れ

任意整理とは債務整理の方法の一つです。

任意整理では会社と直接交渉して、月々の返済額を減らしてもらったり、返済に猶予をもらったりすることができます。

自分で交渉することもできますが、立場が弱くなってしまうため、弁護士などの専門家の力を借りて行うのが一般的です。

法律上の決まりはない

任意整理のやり方にこれといった決まりはありません。なぜなら任意整理は裁判所が関わることなく借り手と貸し手(会社)が話し合って合意することで成立する債務整理だからです。

ただし業者に今後の返済方法についてどう提案するかをを決めなければ交渉ができないので、返済額をいくら減額してもらうか、減額してもらった分をどうやって返済するかといった提案方法をあらかじめ弁護士や司法書士と相談しておく必要があります。

業者が任意整理に応じる理由

会社が任意整理には応じてくれないのではないかと考えた方もいるでしょう。

なぜならそもそも任意整理に法律はありませんから、会社は交渉に応じる義務はないからです。

しかし多くの会社が任意整理に応じてくれます。その理由をご紹介します。

理由:自己破産されるよりマシだから

任意整理が困難である人はほとんどが自己破産することになります。

自己破産されると配当がない場合がほとんどで会社には何も残りません、だからちょっと損することはあっても少しでも貸した分を取り戻すために積極的に任意整理に応じるわけです。

注意
会社の中には任意整理に全く応じないというところもあります。その場合は依頼した専門家と相談して交渉していく必要があります。

任意整理にデメリットはあるのか

収入がないと交渉が難しい

収入があってきちんと返済できる保障がなければ任意整理は難しいです。

なぜなら任意整理は返済するのは大前提でその代わりに負担を減らしてもらおうというものです。確実な収入がなければ自己破産といった他の手段を考える必要があります

ブラックリストに載ってしまう

任意整理の交渉をしたことは信用情報機関のブラックリストに記録されます。ブラックリストに載るとクレジットカードを作ったり消費者金融からお金を借りたりすることが難しくなります。

なぜ信用情報機関がブラックリストを作るかというと、実は信用情報機関はブラックリストを登録された金融機関(カード会社や消費者金融)と共有することで、金融機関が損をしてしまうのを防ぐ役割を果たしているからです。

ただしブラックリストに一生載ってしまうことはなくて数年で記録は抹消されます。またこのブラックリストは登録された金融機関しか見ることができないので自己破産した人が載る官報のように一般の人が目にすることはありません。

ブラックリストのせいで任意整理したことが知人にバレることはないので、債務整理したことが誰にもバレたくないという人にとっては任意整理は有利に働くでしょう

元金が減らないこともある

利息の上限を定めた利息制限法の範囲内の利息でお金を借りていたなら、借りた額(元金)そのものが任意整理によって減ることはありません。

なぜなら借りたお金は返すというルールは絶対に変わりませんし、貸した側は何か違法なことをしていうない以上は借りたお金は返すというルールを捻じ曲げることはできないからです。

ただ次の条件に当てはまる人はもしかすると元金が減るかのしれません。

  • 10年以上前に消費者金金融からお金を借りている人
  • キャッシングの返済をしている人
  • 上記のどちらにも当てはまる人

任意整理にかかる費用

一社あたり3〜4万円かかる

専門家に依頼する費用は事務所によって大きく異なります。ここでは一般的な相場をお伝えしていきます。

着手金 一社あたり3〜4万円
成功報酬 減免した額の10%
過払金の成功報酬 取り戻した額の20%

事務所によっては着手金は請求しないところもあります。任意整理を依頼する前に費用についても事前に相談しておきましょう

自力でやればタダでできる

実は任意整理は専門家に依頼しなくてもできます。結局任意整理は会社との交渉がメインになるので自分で交渉材料を準備できる自信があれば進めていくことは可能です。

しかし大手の会社と個人であると立場が弱くなるために交渉が有利に進められない場合があります。

いずれにせよあらゆるノウハウを持った専門家に一旦相談してから自力でも進められるか判断した方が確実に借金を整理できます

お金がなくても専門家に依頼できる

専門家の事務所によっては、費用が分割払いできたり、返ってきた過払金から費用をまかなえたりできる場合があります。

現在は借金に追われていて専門家に払うお金はなかったとしても依頼できます。そして実際多くの人が専門家が提案してくれる支払い方法を使ってたとえ現在は余裕がなくても任意整理をはじめています

目先の費用を気にするよりもこれ以上借金が増えないようにしておく方が将来を考えると賢いでしょう。

専門家を頼るメリット

交渉の作戦を考えてくれる

任意整理では会社が納得してくれるような提案をしなければなりません。

なぜならば任意整理は相手の合意が得られなければ成立しないため交渉の前により良い作戦を立てておく必要があるからです。様々なケースについて熟知している専門家であれば交渉をよりスムーズに行ってくれます

自分で提案方法を考えるよりも一刻も早く返済に苦しむ状況から脱した方が良いはずです。

過払金が見つかることもある

過払金は利息制限法に基づいた利息を計算しなおすことで見つかることがあります。専門家に依頼すれば複数の金融会社から借金をしていても債務状況を専門家に伝えるだけで正しい返済額を算出してくれます。

また過払金の返還の手続きも行ってくれるので面倒な手間が省けます。ちなみに過払金の返還請求には期限があるので早めに債務状況を調べておきましょう。

確実に負担が減らせる

専門家に頼む最大のメリットは確実に借金を整理できることです。

どうしてもこのままでは借金が返していけない状況になったとき、自分であれこれ手を打つよりも信頼できる専門家に素直に打ち明けて一緒に今後のことを考えていく方がはるかに確実に借金が減らせます

支払う費用だけで依頼する専門家を選ばないようにしましょう。任意整理では専門家と様々なことを話し合いながら進めていく必要があります。自分との相性といったことも専門家を選ぶ上で重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です