これだけで十分!債務整理の基礎知識

債務整理って何?

債務とは借金のこと

債務(読み方;さいむ)とは借金を法律用語で表したものと思ってもらって構いません。

つまり、債務とはクレジットカードのキャッシングや銀行、消費者金融からの融資と言った返済の義務ある借金のことを言います。

債務整理で借金地獄から解放される

借金を整理することを債務整理と言います。債務整理をすれば、借金の返済が苦しくなったとき、返済に少し時間がもらえたり、返さなくてもいいようにすることができます。

しかし、ここで強調しておきたいのは、次の項でふれますが債務整理によって借金が単純にチャラになるというような甘い話では決してないということです

債務整理の注意点

債務整理は借金を単純にチャラにしてくれるような甘い話ではなく、その分の代償が必ず伴います。

ただ、借金の返済におわれる生活からは離れて、再び安定した生活を取り戻していきたいという人にとっては、何らかの代償がともなってもかまわないと思われるでしょう。

もっとも大事なことは、次の章で登場する様々な債務整理の方法のメリットデメリットをきちんと理解した上で自分にとってのベストな方法を探すことです。

債務整理の種類

この章では債務整理の種類をご紹介していきます。

債務整理とひとくちに言っても様々な種類があり、しかもそれぞれにメリットデメリットがあります。

それらをきちんと見極めてあなたにあった方法を探していきましょう。

債務整理には大きく分けて4つの種類があります。
それは

任意整理・特定調停・個人再生・自己破産

の4つです。
ではひとつずつ確認していきましょう

任意整理で会社と直接交渉する

任意整理は裁判所を通さずに、賃金賃金(貸し手)と直接交渉することによって

借金の額をそのものを減らしたり、月々の返済額を減らしたりすることで返済にかかる負担を減らす手続きのことを言います。

自分で直接することも可能ですが、やはり知識やノウハウがないままでは自分に有利な結果は得られないでしょう。

任意整理は大半が弁護士といった代理人に手続きを依頼することになります。

任意整理の代表的なメリット・デメリットをまとめてみました。

任意整理のメリット
・業者から直接取り立てされることがなくなる
・財産を失わなくてすむ
・債務額が減免されたり、過払い金のが発生したりすることがある
  • 業者から直接取り立てされることがなくなる
賃金業者に通知を送れば、業者は催促が行えなくなります

ただし任意整理を弁護士に依頼した時に限られるので注意しましょう。

なぜ取り立てを停止できるかというと、弁護士が送る受任通知を債権者(業者)が受け取ったら業者は直接の取り立てをしてはならないということが賃金業法に書かれているからです。これを破って取り立てを続けたならば場合によっては業者に罰則が科されることもあります。したがって、業者は取り立てを辞めざるを得ないわけです。

  • 財産を失わなくてすむ

あくまで貸し手と合意を得るための交渉なので、納得してもらえれば、家や車といった財産が無理やり没収されると事態を回避できます。

  • 債務額が減免されたり、過払い金のが発生したりすることがある
・債務額が減免されたり、過払い金のが発生したりすることがある
債務(借金)をよくよく調べてみたら、過払い金があったり減免されたりすることもあります
任意整理のデメリット
・信用情報に任意整理を行なったという事実が残る
・ローンやクレジットカードが一時利用できなくなる
  • 信用情報に任意整理を行なったという事実が残る
クレジットやローンの取引の際に貸し手に確認される信用情報に債務整理を行なったということが明記されることになります

  • ローンやクレジットカードが一時利用できなくなる
信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に登録されてしまっている数年間はクレジットカードやローンが利用できません

特定調停で自分ひとりで解決する

特定調停は、自分(借り手)と賃金業者(貸し手)の間に裁判所が入って交渉が行えるもので任意整理のときと同様で月々の返済額を減らしたりすることで返済にかかる負担を減らす手続きのことです。

では特定調停の代表的なメリット・デメリットを見ていきましょう。

特定調停のメリット
・円滑に交渉が行える
・費用が安い
・差し押さえといった事態を回避できる
  • 円滑に交渉が行える
裁判所の特定調停を専門に行う調停委員が立ち会ってくれるので話し合いはスムーズに行うことができます。
  • 費用が安い

基本的に任意整理と違って個人で直接行えるので手続きにかかる費用が格段に安くなります。ただもちろん、弁護士や専門家と相談しながら手続きを行なっていくこともできます。

  • 差し押さえといった事態を回避できる
もし貸し手が交渉に応じてくれれば、手続きの間に財産の差し押さえといった民事執行を停止させることもできます。
特定調停のデメリット
・交渉が始まらないことある
・過払い金をうまく回収できないことがある
  • 交渉が始まらないことある

あくまで貸し手が交渉に応じないければ、この手続きは成立しません。弁護士などの専門家と相談しながら進めていくという選択肢もあります。

  • 過払い金をうまく回収できないことがある
あくまでこの制度は債権者(貸し手)が債務者(借り手)に何かを払わせることは想定していないため、過払い金を見逃したまま合意に至ってしまう危険性があります。

個人再生で返済に猶予をもらう

個人再生は、数年間の返済計画を立てて、返済していく手続きのことを言います。
しかし、この手続きをするにはいくつか条件があります。
(個人再生の手続きができる条件)

      • 借金の総額が5000万円以下であること(ただし住宅ローンは除く)
      • 返済不能に陥る可能性があること
      • 継続して収入が得られること(正社員である必要はない)

個人再生の代表的なメリット・デメリットを見ていきましょう

個人再生のメリット
・債務が大幅に減る
・財産を失わなくて済む
  • 債務が大幅に減る

必ず返済できるという計画を裁判所に提示して手続きをすることによって、債務は大幅に圧縮されます

  • 財産を失わなくて済む
家や車といった財産は、たとえ民事再生の手続きを経ても所有できます

個人再生のデメリット
・収入がなければ手続きを進められない
・数年間の間、新たにお金を借りることができなくな
  • 収入がなければ手続きを進められない
あくまで何らかの収入があり返済を続けることが前提となる手続きとなっています。
  • 数年間の間、新たにお金を借りることができなくなる

他の債務整理と同様に基本的にお金を新たに借りることは難しくなります

自己破産で払えない借金をなくす

返済が不可能であるということを裁判所に認めてもらい、税金以外の債務(お金を払う義務、借金もこれに含まれる)を免除してもらうという手続きです

ではメリット・デメリットを見ていきましょう

自己破産のメリット
・返済の義務がなくなる
自己破産して返済の義務がなくなることは1番大きなメリットだと言えます。
自己破産のデメリット
・価値のある財産はすべて没収される
・パチンコなどのギャンブルによる借金などは自己破産が認められないこともある。
  • 価値のある財産はすべて没収される

20万円以上の価値のある財産は処分されます。

  • パチンコなどのギャンブルによる借金などは自己破産が認められないこともある。
自己破産が認められるかは裁判所の判断にゆだねられます

まとめ

債務整理とひとことでいっても様々な手段があります。それぞれにメリットデメリットがあることをご紹介しました。

今回は誰にでも共通する代表的なものをご紹介しましたが、メリットもデメリットも個々の案件によって大きく変わってきます。

どの債務整理がご自身に最もあった手続きかを選ぶためには、まずはご自身の現在の財務状況をしっかりと把握してから、弁護士といった専門家のアドバイスをもらいながら総合的に判断していくことが大切です。

専門家に相談して日常を取り戻そう

借金を借金で返していくような生活を送ってはいませんか?今はなんとかそれでうまくいっていてもいずれは破綻してしまいます。

借金はきちんと返していける額であれば決して悪いことではありません。それにきっと最初は誰しも健全な債権者だったはずです。

もしも借金に追われない安定した生活を取り戻したいとお考えなら、迷わずそれを手助けしてくれる、法の専門家にまず相談しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です